空中日記

日記というからには、毎日書こうと思っています。yodare / Tsutsujistock

0156 恥ずべきガキ達

近頃(というか前のブログ書いたときくらいからかしら)本当にいろんな意味で余裕なくって、人前に顔を出すときってせいぜいバンドの練習とかくらいだった。そのくせずっと仙台いて息つまりそうになってまた東京遊びに行ったりもしてた。空気はこっちのほうが断然いいはずなんだけどね。新橋のうどん屋で食べた天ぷらで傷ついた口のなか、一週間たったいまでもかなり痛いよ。

futonsというバンドでサポートをしているのだけど、来週レコーディングをすることになっていて練習している。前述のとおり出かけたり単純に忙しかったりでメンバーには迷惑をかけているし、1曲マジで難しい曲あって本当に参ってる。普段はヘラヘラニコニコしているドラマーと、ギターを抱えた宮城生まれのアンチヒーロー(この表現好き)の二人の間でやってます。良いものできたらいいね。

先週から一人でいるときはお酒の量もメシの量も減らしている。なんか「毎日仕事とか大変だけどー、それ終わらせちゃって、職場出たらうまいメシと酒呑んで楽しくやれたらそれでオッケーしょ?」的なチル感にどっぷりつかってた自分が許せなくなりだしている。腹すかせてても歯食いしばって寝る感じも悪くない。

というか、なにかに対して絶対キレてるんだけど、対象がまだ見当たらないし、だからといって仮想敵も作れないから「うるせえ死ね!!!!」って心のなかであらゆるものに対してぶつけてるところさえある。余裕こいてるダサいやつ全員駆逐したい。自戒は大いに込めてます。

この前東京いったときに時間つぶしに池袋のユニオン入ったら『hybrid soup』っていうおそらくGRAPEVINE最古のCD音源(Cynical Clumpってバンドとのスプリット?作品)を100円で買えた。『君を待つ間』という曲の歌詞、↑のメジャー版だと「子供の差し出した脚」って歌ってるんだけど、この音源だと「メス共の差し出した脚」となってる。実際今のライブではメス共言ってるしね。

0155 本当のことは言わない

28歳になった。とうとう27クラブの一員にはなれなかった。

9月14日の夜。連日遅くまで仕事しててさすがに疲れたので19時には上がった。特に誰とも会う予定ないけど、このままなにもなく過ごすのもなんだかなと思って、ラーメン屋で瓶ビール頼んで汁なし担々麺すすって家帰ってパソコンの前にいる。

こないだSetmonoの大久保君と久々に電話してお互いの近況報告をした。大久保君住んでる岩手の宮古は最近の台風でえらい目にあっていていたけど、大久保君家族も大変なようだった。それでもたわいもないこと下らないことも話せてすこし安心もした。彼に「タクロウ君いくつよ?今月28か、日本人の28歳の中なら君は人生めちゃくちゃ楽しんでるほうだよ!」と言われたのがなんとも印象的でした。

僕もいつかおじいちゃんにでもなれたら、「あんときのワシ、めっちゃ人生エンジョイしてたのお」とか思える日が来るかもしれないけど、まだまだその境地には至れないくらいには毎日泣いたりヘコんだり切なくなってみたりたまには笑ったりですわ。概ねツラいことばっか目につくよ。

だから、うまいメシや酒にロックンロールは俺からは外せない。逃避の手段になるときもたまにあるけど、それよりなにより生きてる実感が手に入れられるから。外せないことが幸せなのか不幸せなのかはなんだか今はわからん。もうそんな今更幸か不幸かなんてきっとどうでも良い。温故知新。来るもの拒まず。易しい人ではなくて優しい人になる。これできっとうまくいく。うまくいかなきゃ正々堂々とパンクする。

というか、そもそもおじいちゃんと言われる年齢まで自分が生きていれるかわからん。27クラブの一員にはなれなかったので、この際なので昨今の内田裕也のごとくしぶといロックンロールジジイになるのも悪くないと今は思う。明日には全然違うこと考えてるだろうな。

今後ともよろしくお願いします。

0154 緩やかな放物線描き空落下するパラシュートライダー

ここ2、3週間くらい週1しか休みがない生活が続いている。そういう時に限ってステキなお誘いが来るのだけど断わざるを得ない。特に宮崎君が誘ってくれた(けど行けなかった)群馬のmachikado fesは本当に行きたかった。このブログでこれまでにも記してきたことがあったかもしれないけど、忙しくて良いことなんて残業代もらえることとお金がやたら貯まることくらいだ。全然嬉しくないね。

今年ヒロオさんの横でベース弾かせて頂く機会が2度ほどあったんだけど、そのときにコーラスの楽しさに気づいて以来、車乗ってなんかしらの音楽かけるとサビのところで頑張ってハモってみたりとかしてる。

そこでSMAPです。最近そればっか聴いてるんだけど、彼らの曲でハモんのとっても楽しいです。プロの作曲家が作ってるだけあって、構成やらメロディーやらが本当良くできた曲だなーと感心しながら歌ってます。あと僕はやっぱりミーハーなところがあるので、5人のメンバー全員が同じ写真や映像の中におさまったときの画の強さに強く惹かれますね。うわ~カッコイイ~~~みたいな感動はやっぱりあるのよね。

0153 最後は笑えない

超今更だけどApple Musicはじめた。

なぜに今更はじめたかというと、auのかんたん決済ってやつで月額払えるようになったことを知ったからです、僕いまだにクレジットカードを持っていないのです。なんかその手のカードを持つことが妙に怖くて手がのびずにここまで生きてしまいました。

んでね、使ってみたけど、これは確かにすごい。半年くらい前にみなさんが得たのであろう感動を今僕はゲットしてる。

しかし、こんだけ音楽聴くことが便利になると、音楽そのものの価値に対して考えてしまうね。でも頭でっかちに考えすぎるやつばっかになるとつまんないからやっぱバカな物や事や人のことだけ考えようとひとりで思考をグルグルさせています。

0152 退屈なお盆を凌ぐ10曲

1. Sæglópur / Sigur Rós

 

2. Guatemala / GELLERS

 

3. Let The Cool Goddess Rust Away / Clap Your Hand Say Yeah

 

4. Wrote For Luck / Happy Mondays

 

5. 苺畑でつかまえて / サニーデイ・サービス

 

6. The Look / Metronomy

 

7. Something Good Can Work / Too Door Cinema Club

 

8. Loose Ends / Rosie Thomas

 

9. オアシスへようこそ / FISHMANS

10. Polaris / Ash

 

夏は四季のなかでもっとも怠惰になりがち。ダラダラしてたい。本当は四六時中ダラダラしてたいけどな!

全然関係ないけど、おとといのライブの時勝負キャップといわんばかりにナードマグネットのCSLキャップつけてきたんだけど誰にも触れられなくて悲しかったから、初対面だったリライトのこらっ太君(同じ大学のタメだった。コウちゃんって俺は呼ぶことにした)に「これ見てよ!CSLだよCSLキャップ、ナードマグネットの!ね!?」って言ったときの虚しさを思い出してちょっと落ち込んでいるところです。

今からメシ食って親・親戚が待つ陸前高田に行きます。

0151 オレたちゃファイヤー

このブログでも触れてましたが、8/11はスモールワンのベースとしてコンタミント復活企画に出演しました。本当にありがとうございました。。とても良い夜でした。

お客さんからしたら全然関係ない話だけど、今回のスモールワンのライブをするにあたり、練習のたびに機材トラブル(要はベースの音がちゃんと出ない)が起こっていたんです。そのたびに機材買い替えたり調整したりして解決するようにしてきたんだけど、会場でのリハーサルでこれまでとまた別の症状のトラブルが起こってしまい、これはもう呪われてんのかなと。おお神よと。ワタシそんな悪いことをしたかと。。

でもすぐに楽器屋行って機材買ってライブでは特に問題なくできたので良かったです(かなり痛い出費だったけど)。むしろとても楽しくライブできました。前の3つのバンドと比べて明らかに音がデカい僕らだったと思うのでどういう反応されるかなと思ったけど、いかがでしたでしょうか。もう僕なんかはちゃんと音出るか心配なところからはじまってるので、曲終わりのお客さんのリアクションだけでも充分サティスファクションゲットできましたわ。

スモールワンのメンバーは常に流動的とのことなんで、たぶん次のライブは自分ら(ユッキーくんと伝ちゃんと僕)は出ないことになるとは思うんですが、いつかまた今回の4人でやれるときが来たらいいなと思っています。

あと、コンタミントはんださんがこの日のために作ったパンフレット読んでみたけどこれが面白いです。普段バンドやってるひとたちが、どんなものを見聞きして音楽やってるのかを知れる良いテキストがありました。そういうの見て数珠つなぎのようにいろんな音楽やら本やら読んだほうが人生豊かになるはずです絶対。知らないことを知るよろこびはいくつになっても瑞々しいです。他のバンドのひとにも同じ質問したやつ読んでみたい。

にしてもやっぱライブは楽しかったす。またお会いしましょう!

0150 舛添要一と第三者のオールナイトニッポン

昔自分が処理した案件が今になって盛大なミスがあったことが分かりひどく落ち込んだけど、頑張って省みてやりきって、夜はお酒呑んで泥のように寝た。楽しく呑めたから良かった。こういうときはグチグチした呑み方はしないほうが良いんだなと思った。

以前、桃鉄99年プレイやろうぜ!とツイッターやこのブログで呼びかけたところ、かなりの反響をいただいた。なんのことかさっぱりな方は↑をチェック。会場も決まり、メンツもだいたい固まった。改めて会場を提供してくれた小田原ハウスの皆さんには感謝してもしきれない。

あと、ツイッターで「参加したい」とリプライくれた方(面識ない)に返事をしようと思ったらいつの間にかユーザー削除されていたのは残念だったな。いまでもこのブログ読んでたらぜひ連絡してほしい。面識ないので会うの緊張するけど桃鉄について語らえる人に悪いひとはいまい、たぶん。

世間はオリンピックですが、スマホでニュースサイトいじってると、選手村の性事情のヤバさを伝える記事ばかり目に入ってもうアレだ。だいたいこんなところ。

猫ひろしが噂に違わず選手村にコンドーム配布機があったことをツイート
・かつてウサイン・ボルトは競技だけではなく選手村でも伝説の男になっている
・アメリカの女子サッカー選手「すごくセックスが多い。生涯一度の五輪出場の思い出作りね。外でセックスをしている人たちも見たわ。芝生の上とか、建物の陰とか。ショックを受けたわ」

…どうでしょうか。なんでもそうだけど、自分とは住む世界が違うひとの世界っちゅうのは驚きがいっぱいだなあと思いました。