空中日記

日記というからには毎日書きたい

0265 コロナなんて俺がぶっ潰してやるよ

超久々のこちらの日記。というのも前回投稿したろくらいからインスタライブ(いのこくラジオと銘打っている)をはじめましてですね。そこで音楽を作ること以外のアウトプットはほとんどやりきれる状態となっていなので、あまりここに記したくなることがなくなったのです。でも文字には文字の良さもあるのでなんか書いてみよう。

昨日、ワクチン接種1回目受けてきました。当日から今に至ることを書いてみる。

確認書類のチェックとかヒアリングみたいなの結構ありました。でもさすがにスタッフさん慣れてて誘導で困ることは皆無。お疲れ様です。筋肉注射だから痛いだのなんだのと脅されていたんですが、幸い上手な先生に巡り会えたので打たれた瞬間はほぼキツさはなかったです。ただ、こんなナリをしていてお恥ずかしい話なんですが、注射採血点滴の類がすごく苦手で、一度刺された瞬間フラっとイキかけたことがありまして。それ以来健診とかで横になって採血してる話をしたら接種後15分の待機時間が倍にされました。その時間がなんかすごく辛かった。今にして思えばもう副反応はじまっていたのかも知れません。その時は吉岡里帆のラジオにくるり岸田が出てる動画見て凌いだ。正直内容が頭に残らないくらいその場にいることがしんどくなってきていたので、声色の良い二人のお喋りでなんとかやり過ごす。イヤホンと飲み物は持ち込んだ方良いと思います。あ、あと「その線は水平線」は名曲だと思う。

f:id:itodiary:20210722073752j:image

そして帰宅。接種3時間後の体温。腕が上がらなくなるのは聞いていたけど(上がらないというか痛くて上げれないというのが正確)、こんなに熱出るとは聞いてナイヨ。症状としてはインフルエンザのソレから咳や鼻水が無いのと同じ感じといったところでしょうか。特に足に力が入らない感じというか倦怠感が半端ないというのと、寒気がすごい!のでめちゃくちゃ今着込んでます。昨日まででは考えられんカッコしとる。横になってれば耐えられるしこんな日記書いていられるくらいだからまだ良かったか。ずっと寝てるだけの日。久々にうわ暇だわって感覚を味わってます。

ちなみにモデルナの方のワクチンです。今後打つ方の参考になれば幸いです。

ところで、最近は、親知らず抜いた後えらい痛かったり色々なんだりかんだりあってだいぶひよっていたんですけど、やっぱりそういうときのギターウルフは良い。イヤホン爆音で聴くと耳死ぬけど。はじめて見たのはパースクでやった野獣バイブレーターのツアー。宇宙。ダブルアンコールでセイジさん一人で飛び出して歌ったアイラブユー,OKがカッコ良すぎてアレは今でもめちゃくちゃ覚えてる。それとセイジさんのカッコよエピソードで今一番好きなのは宇宙の長さに比べたら自分の人生なんて点ですらないかもしれないから、それならめちゃくちゃやってやろうってやつです。

0264 無駄を愛する人は心清き人

腰が痛くなったので仕事を休んだ。

f:id:itodiary:20210322102724j:image

皮膚科にも薬をもらいに行かなくてはいけないし、とにかく気分も上げられないので、繁忙期である職場に対して心苦しさもありながらではあるけど、とにかく今日は休みを取った。年に2回だけ、そういう日を作ることを勝手に決めているのだ。

病院へ向かう途中、くりぃむしちゅーannの済々黌ラグビー部祭りを久々に聴いて泣けてくるくらい笑う。久しく会えてない友達に会いたいなあと思った。生きてて自分が抱えているもの、これまでその重さをあまり重いとは感じずにいれたのは、うまいこと友達と会うことで紛らわせたり晴らしたり出来たからなんだろうなと改めてこの一年で実感してる。うすうす気づいていたけど、そういうことなんだろう。きっとそういう人は他にもいると思う。みなさんはいかがですか。

「たぬきのひるね」というブログで、「書くということは原理的にひとつの愚かさを引き受けるということ」といった旨のことが書いていた。面白いし、ちょっと元気が出ました。これを見つけられただけでも今日は休んで良かったんだ、その価値はあったんだ。やっぱり。

https://chez-nous.typepad.jp/tanukinohirune/2018/01/orokasanitsuite.html

今から腰を診てもらいに整体に行く。朝イチで行った皮膚科では検査結果がまだ届いていなかったから夕方に行く。昼はカレーでも食べよう。酒は辞めておこう。

0263 ゴーストシティにて

コロナが蔓延してますね。下手な外出が出来ない身なもので、ほんとメシ食うか曲作ってるときくらいしか楽しいことがないです。これでは激太り待ったなしではないか。

さりとて、職場の会話で、今飲み屋に行ってる連中の感覚が理解できない的な旨の話題があがるととても悲しくなる。ついこないだまで、タイミングがあえば乾杯といいあっていた人たちが、この世の中のあれこれで分断されていく感じをモロに体感していて、やっぱつらいっす。俺だって飲みにいきたいもんね。そして大好きな店に潰れられるのも嫌だし。でもまだ死にたくもなければ周りに迷惑もかけたくない。ムカつく。

ああ、でも、この一年で発見できた良かったこととしては、タカラの焼酎ハイボールがことごとくがうまいってことね。 宇ち多゛のうめ割りきっかけだったけど、ドライもレモンもとてもおいしい。炭酸ハード目だし甘くもないし。見聞を広げる良い機会になりました。こんな世界もあるのか的な。

バンドの友達にはマーロウズ以外本当に会わなくなったので、久々に会ってもどんな会話したら良いか分からなくなりそうです。

0262 北へ南へ東へ西へ

今年もよろしくお願いいたします。

f:id:itodiary:20210103000757j:image

何人かラインであいさつしたんですけど、とあるバンドマンの先輩としたやりとりでハッとさせられる発見があったり、スープやチャーシューとか自作した中華そばがうまく出来たり(↑のやつ。ナルトが渋いやろ?)、バンドへデモ3つ渡せたり…と、今のところとても良い2021年です。あとは世界中に存在するあらゆる問題きょう付けで完全に解決してくれないかな。

年末なんですけど、イーストランドのラジオに出させてもらいました。黒沢君がちゃんとシナリオ?段取り?を用意してくれていた。もうほんとちゃんとしててビビる。業界人だわ。あと小杉くん直接話したことなかったのだけどマジにめちゃくちゃサッカー知ってる方だった。そして金崎夢生に本当似てるとも思ってた。そんな超アシストされてる側なのに、俺の口調の前のめり感が酷すぎてマジで彼らのラジオ普通に聴いてるみなさんごめんって思いました。お聞き苦しかったらすみません、ただ音楽とサッカーとルート・ファンニステルローイに罪はありません。

f:id:itodiary:20210103003157j:image

今年はめちゃくちゃやるぞー。

0261 空が今年のエンドロールを流し始めた

2020年終わりますねえ。

f:id:itodiary:20201231224144j:image

今年音楽で表に出せたことといえば、Blowflyで音源リリースできた(なんも携わってないけど)くらいで、本当高校時代にベースを手にして以来はじめてライブをすることなく一年を終えることになりました。

今年Marlowsやるぜ!とちょうど一年前は息巻いてて、スタジオには断続的ながらもしっかり入れていた時期もあって、その手応えたるやなかなかのもんなので、もっとやりたい!と勿論なっていた。けど、時節柄、僕自身の取り巻く環境とかがそれを許さなくてですね、ライブハウスはおろかスタジオに入ることも厳しくなり、メンバーには自分のペースに合わせてもらっている現状なのでした。つくづく、心底コロナが憎かったです。来年こそ今作ってる曲たちや俺ら自身日の目を見せれたらと思ってるけど、本当なんというか、気兼ねなくバンドが出来るような地球環境になってくれないとそれも難しい。一人でも音楽は出来なくはない。創作する時間も作ろうと思えば作れる。でも全然楽しくねえ。だからその時が来るのをメンバーに持ち込むための曲でも作りながら待つことにしました。待った先に望みがある限り必ず帰ります。

あとは、正直、仕事や家族や周りのひとたちのためになる生き方を送ることで精一杯な一年でもありました。それが出来ただけ今年は十分合格だったと思いたい。よく頑張った。これを読んでいる貴方もきっとそう。頑張りましたよほんと。だってワケわかんねーもんね、反吐が出たね。必ず死ぬまでに今年得る予定だったあらゆる喜びを取り返そう。

最後に。僕なんぞよりも更に身動き取れない日々を送っていた医療従事者やエッセンシャルワーカーの皆さんに力いっぱいの拍手とリスペクトを。

0260 仙台の町中華で打線組んでみた2020

1. (ニ) 美香園

昨年のオーダーを見てイッペーさん(One-pay & Watermelons)にココを入れてくれ…と懇願されたので行ってきました。脱帽でございました。町中華屋ってだいたい何喰っても間違いないと思うけど、そのクオリティーが全てにおいて一段上に行ってるような店。特にインパクト大だったのは焼き餃子。ヒダの部分が表になっているスタイルなんだけどそのヒダが美しい…。これぞプロの仕事!!!と唸ってしまいました。

 

2. (一) シマウマ大飯店

例えば、普通町中華の店でハシゴなんてやろうもんならとてもじゃないが腹はちきれてしまって然るもんだと思うんですが、ここスタートならそれもイケるかも。冷菜の豊富さと量のほど良さがステキ。なんたってよだれ鶏・葱きゅうり等などが軒並み300円以下。おまけに昼酒OKをSNSでアピールしてくれるスタイル。あと主菜だと黒納豆麻婆が面白い。黒納豆、めちゃくちゃデカい豆豉って感じかな。豆のコクがガツンと強調されててアイデア満点でした。定食のご飯の山盛り具合が目をひくけど、ここは酒飲みにオススメ。

 

3. (遊) 八仙

2度ほど行こうとしましたが、いずれも行列出来てて断念。コロナ禍もなんのそのなんだろうな。我が母は私を産んでまもなく、退院したその足でココの餃子を食べに行ったとかなんとか。

 

4. (左) 北京餃子

もう、ホント今年はうんざりすることがと多い一年だった。その影響で飲食業界はどこも大変だったと思います。そんななかこちらは日替わりランチ620円を500円にして提供してました。‥‥いやいやどうかしている。丼もの+ラーメンor広東やきそばの組み合わせをワンコとかって狂ってるわと思うのだけど、長らく安さと盛りの良さで仙台の若者の胃袋を満たし続けてきたこの名門らしい所作だよなあと改めて心の底からリスペクト!その意味も込めて今年は4番に据えたのでした。

 

5. (捕) 靉龍

「体を作り 気力を養うは 毎日の食! 細胞一つずつに行き届く この技を 明日の貴方の体に 燃やして下さい」という宮下あきらばりの世界観をメニュー表紙に記す激熱店主率いる駅裏町中華の雄。今年は自分自身の行動制限もあってスタミナ冷やしにありつけなかったのが残念。でもちょっと落ち込んでいる時に頂いたカツカレーには元気もらいました。あとそのときがホント久々に行ったんだけど、ホールのひとに顔覚えられていたことに驚いた。

 

6. (右) 金源

散々飲んだ土曜の夜(とっくにてっぺんは超えている)くらいしか行ったことがないが本当に外しがない。ここの焼きビーフンは一食の価値あり。火鍋もできるようだし来年こそはぜひやりたいものです。

 

7. (中) 泰陽楼 東三店

まず入店したとこ左手のおびただしい瓶ビールの種類と量におもわず笑みがこぼれる。構えから中身まで老舗感が強く、味は濃く量は多い。ココに行きたいと思って飛び込めば120パー以上のリアクションをこの店は与えてくれます。ツェッペリンでいえばプレゼンスみたいな店。

 

8. (三) 桃林

基本シェフ一人で調理してるのだけどその手際の良さは圧巻。そしてここのチャーハンが本当にうまい。卵多めでしっとりめで塩味の具合も完璧。近所にあると最高だなと思う。

 

9. (投) 中嘉屋食堂麺飯甜 仙台駅構内店

宮城の市街地エキナカ郊外とかなりのテリトリーを牛耳るチソー食房のエキナカ店。たまに五橋横丁では外しが見られるがたぶんマンパワーの問題であって、ここは気力体力漲るグッドな中華を出してくれる。ところでフカヒレ麻婆坦々麺誰か食べた人いませんか?

 

以上です!来年はみんなで町中華でやろう。

0259 ブログの告知をブログでする

2020年もあと1ヶ月切りましたね。とんだ一年でしたが、その一年をなにもない無駄なものだと投げてしまうのはもったいないので、なにか残したいなあと思う所存。ただ、前からちょいちょい話題にしてますが、残念ながら自分がライブしたりライブ見に行ったりイベントやったりできる状況にはなくてですね、ろくずっぽアウトプット出来ず、さまざまなお誘いをその都度涙ながらにお断りしているところ。

なので、

2年前から年1ペースで書いてる「仙台の町中華で打線組んでみた」シリーズを今年も投稿したいと思います。

この一年、外食することさえもできない期間が長らくあったわけですが、その間に「ああ◯◯の餃子をビールとやりてえなあ」とか毎日のように頭をめぐらせていた結果、中華料理作るのだいぶ上手くなってしまいました。いや、いいすぎました、上手くなったというか、自分の求める味へのチューニングが上手くなったというほうが正確ですわ。調子乗りましたすみません。

f:id:itodiary:20201207134643j:image
f:id:itodiary:20201207134700j:image
f:id:itodiary:20201207134654j:image
f:id:itodiary:20201207134714j:image
f:id:itodiary:20201207134707j:image
f:id:itodiary:20201207134649j:image

f:id:itodiary:20201207134821j:image

f:id:itodiary:20201207134737j:image

そんな私が憧れる素晴らしき町中華のお店を失礼ながら打線として組ませていただいてアレコレ書いてみようと思っています。味もさることながら、その店の風景や量に込めた心意気もはっくるめて、僕は町の中華料理屋さんを愛しています。だいぶ僕自身好みに偏りはありますが(辛いの大好き)、来年以降ふと行ってみようと思えるきっかけになれば。なんてな。

投稿日は本来毎年恒例Tsutsujistockをやっていた12月29日です。よろしくです。