空中日記

Blowfly / yodare / Tsutsujistock / 日記というからには毎日書きたいけど、最近は毎月月末投稿です

0172 Fairway

最近休みの日って妙に早起きしちゃうのでブログ書いてみることにしました。

スモールワンの秋田ライブに向けスタジオ練習バンバン入ってました。

秋田の方も読んでくださっている(というか、秋田に向けて書いてる)と思って書くけど、スモールワンとは、ボーカルのクドウヒロオさん(アニーガールという夏休みしてるバンドのギターボーカルであり、べっぴん墓嵐のベースでもある)のソロ名義です。コーネリアスみたいなもんです。

タナカ+コブヤ+ワタシというサポートメンバー、今回がはじめての組み合わせなんだけど、音合わせていても全然はじめて感がなくて驚く。どっかでやってなかった?って感じする方、仙台だともしかしたらいるかもしれないけど、はじめてです。

練習は昨日でひと通り終え、あとは本番よろしくっていう状況にこうしてなってみると、いや出番25分なの短いな〜とも思うし、もうこのバンドで練習入らないのなんか残念だな〜ともなってしまっている。その程度には仕上げられたと思います。個人的には一曲めちゃくちゃ苦手なことしなきゃいけないのあってそれさえやりきれればなんですがね、蛇足。

僕の立場で言ってはいけない気もするけど、ヒロオさんの音楽はもっと誰かのものになって良いんじゃないかと思いながら演奏している。もっと言うなら、誰かにとってかけがえのない存在にスモールワンはなれても良い。もしかしたら、そういうコミュニケーションが今回仙台離れて出来るのかなと思ったら、秋田からお誘いいただけたのはとてもありがたい機会だと思っている。良い演奏しないといけませんね。なんか、同じ日に秋田の別のライブハウスでお客さんいっぱい来るであろうイベントあるようけど、どちらに行くか迷っているなら俺らの方にぜひ。どこの馬の骨かも分からないやつらの音楽を聴いてみてもらえませんか。

あと、全然別件ですが、今年からBlowflyというロックンロールバンドに出戻りすることになりました。調べてみたら2013年の年末に抜けてたのですね。この前出てくれたツツジストックでの彼らのライブを見て、よし戻ってみよう…と思いました。荒井君穂積君ショーキ君とまたやるので、ライブ決まったら見に来てください、ぜひとも。前やってたときの仲間やお客さんは勿論のこと、どんどんいま知らない場所をこのバンドで知りに行きたいと思ってます。

 

0171 Don't Trust Over Thirty

2018年初ブログ。すっかり毎月月末のみの更新となりましたが、いまだに3桁ブログのアクセスがあることに驚いています。今年もよろしくお願いいたします◎

ツツジストックを年末にやるようになってからは1月から春にかけてバンドはゆるーくしかやらないのがルーティン化してたんですが、今年はyodare企画に平山真衣さんやサイケデリックプードルのサポートに…といつになく頑張ってました。来月は秋田にスモールワンでお邪魔します。演奏にしろなんにしろ、課題がまだまだたくさん。それでも、そのことに対しての自分の至らなさ、めちゃくちゃ悔しいなとか思っているので。続けていけるなあと思いました。体しんどいけどやっぱ楽しい。

去年のツツジストックのバッカのライブを思い出してる。素晴らしかった。また見たい。くしくもフロントマンの佐藤翼君ってアニークオノレのボーカル君と同姓同名なのね。おまけに伝説のロックバンド、ザ・みかん頭ーずのドラムさんとも同姓同名だ。バンドやってる人だけで同姓同名3人知ってるってヤバいなって思う。秋田のちゃんぽんやに行きたいです、またバカみたいに飯酒いかせてください。

今さらだけど今年の目標は「出会いたい」と「モテたい」です。周りの同い年のバンドマンや友達とかで、今年で俺ら30だぞヤバくね?!みたいな話よくあがるけどそういったことには特に感慨はなく(そんなふうに書いてる時点でなにかしらあるのかもしれないけど、感慨)。ただ、年をおうごとに頭が凝り固まっていくことへの恐怖はハンパない。身体張らない大人にもなりたくない。だからこそまだまだ自分の知らない場所を見てきた人に出会い刺激を受け、逆に刺激を与えられるひとになれるようにいろいろチャレンジしたいなと思ってます。なーんてな。

0170 みなと

紅白見てます。なんか今年は安心して見れます。ウッチャンのコメントがあったけーので良いと思う。欅坂の真ん中のひと大丈夫かよとは思ったけど。

12/29のツツジストックは最高だった。これからも1人でも多くの方にとってプラスになれるイベントであれたらと思ってます。来てくれた皆さま、出てくれた皆さま、関わってくれた皆さま、すべての感情にありがとう。

なんでもかんでもはっきり物事言えるような出来た人間ではないからこそ、思えることや言えることがあるのかなと思ってます。悩みながら踊るんだってピートタウンゼント先生の言葉を胸にこれからもやりたいだけやる。

0169 セツナ in 文横

サンモール一番町界隈にはなにかと思い出がたくさんある。はじめて演者として出たライブハウスはHooK SENDAIだったし、僕の母は僕を産み退院したその足で文化横丁にある八仙の餃子を食べに行っていると言うし、いろは横丁のブーチャンでは何度となく(私的に)伝説的な呑みをしているってな具合だ。

八仙の向かいに、かつてGokochiというカレーライスの店があった。大学時代、通うとまではいかないけど、良く行く店だった。内装がとてもオシャレだけど、自分がいってもどこか落ち着く感じがしたのて、当時付き合ってた彼女と行くこともしばしばあった。

そこでは大抵チキンカレーを食べていた。しっかり辛みもあるけど、野菜の効果か甘みも強くあって、どこか酸味も感じて、濃厚で、食べたことがあるようでない、ここでしか食べられない。そんなカレーだった。抜群にうまかった。付け合わせのらっきょうも最高。当時ジャンクフード狂いだったけど、そこで食べるときは、その時なりにその店で食べることそのものに豊かさを感じていたことを覚えている。

夜しかやってないカレーもあったから、いつかそれも食べたいなと思っていたら、いつのまにか閉店してしまっていて、建物はそのままで中はバーになっていた。僕にとってそういう店でした。 

ふと今日、そんなGokochiのことを思い出して、いろいろ調べてみた。

2011年の2月末に東京移転予定とのことを添えた閉店の挨拶を書いていたものの、翌月の震災後一度ブログに無事を報告して以降音沙汰がなくなってしまっていたことが分かった。そのブログなども今はもう見れなくなってしまっているようで、なんだかそのことがとても胸をゾワゾワさせている。それにやはり閉店以降、移転してもまた食べに行く!とか、情報分かる方教えてください!などといったことがネット上に書かれているのも見た。根強いファンがいたんだね。 

もう二度と食べることが出来ないと思うからこそ、ああまた食べたいなあと思ってしまう。下北沢の茄子おやじで修行した方が、この店のマスターだったことにも相当驚いたけど、Gokochiのカレー、師匠のともまたちょっと違う味なんだよなあ…と思いを馳せているところです。

年月たっても、そこに存在しなくても、いまこうやって思い起こせるものにあの頃出会えてて良かったなって思いました。お店の方々がいまどう過ごされているかは分からないけど、見てくれたりしないかな、このブログ!

0168 錆びたギターを背負って

在来線の線路を走る、秋田新幹線こまち95号の車窓から。

なぜ、今僕が秋田新幹線に乗ってるかというと、ツツジストックという僕主催してるライブイベントで長らくフードやってくれてた近藤馬之介君のラジオに出るため。彼は今秋田の出戸浜で生活してる。

出演に際して、彼からは「おおまかな自己紹介や、自分のやっているバンドの音源、ツツジストックのあらましなどお話いただければと思います。」とリクエストをされて、一通り昔自分がやってたバンドの音源聴いてみることにした。1時間も喋るので、普段彼と呑んでるノリで話せば良いのだろうけど、ちったあ仕込んでおいた方が良かろうと思った。酔うといつも同じ話してると言われてしまったことがあり、それが悔しいのだ。

音源、それこそ10年くらいまったくCDケースあけていなかったものとかもあるし、最近めっきり辞めてた自分が歌詞かいたり曲作ったりしてたやつもある。今聴いても意外と聴けるな、てか良い曲じゃないか!と思う曲もあれば、やたら演奏のアラが気になる(昔は気にもとめていなかった)それもあり。

その曲たち、ラジオでかけてもらうつもりはないけど、楽しい気分になれました。その頃なりの一生懸命さがあるものは、ジャンルとか自分の今の好みとかは関係なく、ずっと死ぬまで聴けるなと思った。だからこれからも適当にやっちゃあダメだなと思った。青春時代とかそんな言葉で片付けてくれるなよ。お楽しみにはまだまだこれからなんだから。

日々忙しなくて、あんまり立ち止まって振り返りをするような時間はとれていない。そんなヒマがあれば寝ていたい。でも、なんでも良いんだけど、ふとよそ見したり、普段と違うステップで歩いてみたり走ってみたりすると、やっぱり気づけることいっぱいあって。

だから、これからも道草喰いまくっていこうと思うのでした。この気持ちは大切にしようと思い、書き留めておきたくなって、スマホをポチポチしてみました。

0167 原文ママです

近況報告。

結婚します。というか、今日、しました!基本的には、結婚することが決まってから今日までは、会えた人にだけ直接報告をするってスタンスでいさせてもらったので、ラインとかでは連絡してたのになんで教えてくれなかったんだよ〜!!と思う方もいたかもです、申し訳ない!

嫁さんについては、地元の友達でも、バンドの友達でもありません。彼女のしている仕事柄、あんまおおっぴらに出来ないとこがあるんですが、個人的には、ぜひウチとか、呑みの場とかで会わせられる機会あれば嬉しいと思ってます、紹介させてください。基本的にしっかり者なんですが、今回の結婚にあたり、諸々の書類提出とかすごーくちゃんと調べてくれてたのにもかかわらず、肝心の婚姻届の提出のときに身分証明書を忘れるというベリースイートなツメの持ち主です!今年イチ笑ったわ!!

そんで、それに伴い、新居も構えました。今は、29年間過ごした泉を離れて太白区におります。車ナシではなかなか身動き取りにくいところに住んでいたので、今の便利な環境には驚いています。まだまだ荷ほどきの途中なので、とても人を呼べるような現状ではないのですが、生活が落ちついたら呑みに来てもらえたら嬉しいなと思ってます。料理作るので!

これまで以上に、自分の好きなこととかやりたいこととかには、貪欲でいたいです。人生はチャレンジ&アドベンチャーとは良く言ったもんだと思っています。どうか、今までと同じように(もしくはそれ以上に)なんでも誘ってもらえたら嬉しいです、呑みとかライブとかイベントとかなんでも。僕も僕で、これからもっと自分(たち)が面白いことと思えることやっていきます。それが誰かの人生を豊かにできるそれになれたら、こんな嬉しいことありません。

これからもよろしくお願いします◎

2017年11月3日