空中日記

日記というからには、毎日書こうと思っています。yodare / Tsutsujistock

0168 錆びたギターを背負って

在来線の線路を走る、秋田新幹線こまち95号の車窓から。

なぜ、今僕が秋田新幹線に乗ってるかというと、ツツジストックという僕主催してるライブイベントで長らくフードやってくれてた近藤馬之介君のラジオに出るため。彼は今秋田の出戸浜で生活してる。

出演に際して、彼からは「おおまかな自己紹介や、自分のやっているバンドの音源、ツツジストックのあらましなどお話いただければと思います。」とリクエストをされて、一通り昔自分がやってたバンドの音源聴いてみることにした。1時間も喋るので、普段彼と呑んでるノリで話せば良いのだろうけど、ちったあ仕込んでおいた方が良かろうと思った。酔うといつも同じ話してると言われてしまったことがあり、それが悔しいのだ。

音源、それこそ10年くらいまったくCDケースあけていなかったものとかもあるし、最近めっきり辞めてた自分が歌詞かいたり曲作ったりしてたやつもある。今聴いても意外と聴けるな、てか良い曲じゃないか!と思う曲もあれば、やたら演奏のアラが気になる(昔は気にもとめていなかった)それもあり。

その曲たち、ラジオでかけてもらうつもりはないけど、楽しい気分になれました。その頃なりの一生懸命さがあるものは、ジャンルとか自分の今の好みとかは関係なく、ずっと死ぬまで聴けるなと思った。だからこれからも適当にやっちゃあダメだなと思った。青春時代とかそんな言葉で片付けてくれるなよ。お楽しみにはまだまだこれからなんだから。

日々忙しなくて、あんまり立ち止まって振り返りをするような時間はとれていない。そんなヒマがあれば寝ていたい。でも、なんでも良いんだけど、ふとよそ見したり、普段と違うステップで歩いてみたり走ってみたりすると、やっぱり気づけることいっぱいあって。

だから、これからも道草喰いまくっていこうと思うのでした。この気持ちは大切にしようと思い、書き留めておきたくなって、スマホをポチポチしてみました。

0167 原文ママです

近況報告。

結婚します。というか、今日、しました!基本的には、結婚することが決まってから今日までは、会えた人にだけ直接報告をするってスタンスでいさせてもらったので、ラインとかでは連絡してたのになんで教えてくれなかったんだよ〜!!と思う方もいたかもです、申し訳ない!

嫁さんについては、地元の友達でも、バンドの友達でもありません。彼女のしている仕事柄、あんまおおっぴらに出来ないとこがあるんですが、個人的には、ぜひウチとか、呑みの場とかで会わせられる機会あれば嬉しいと思ってます、紹介させてください。基本的にしっかり者なんですが、今回の結婚にあたり、諸々の書類提出とかすごーくちゃんと調べてくれてたのにもかかわらず、肝心の婚姻届の提出のときに身分証明書を忘れるというベリースイートなツメの持ち主です!今年イチ笑ったわ!!

そんで、それに伴い、新居も構えました。今は、29年間過ごした泉を離れて太白区におります。車ナシではなかなか身動き取りにくいところに住んでいたので、今の便利な環境には驚いています。まだまだ荷ほどきの途中なので、とても人を呼べるような現状ではないのですが、生活が落ちついたら呑みに来てもらえたら嬉しいなと思ってます。料理作るので!

これまで以上に、自分の好きなこととかやりたいこととかには、貪欲でいたいです。人生はチャレンジ&アドベンチャーとは良く言ったもんだと思っています。どうか、今までと同じように(もしくはそれ以上に)なんでも誘ってもらえたら嬉しいです、呑みとかライブとかイベントとかなんでも。僕も僕で、これからもっと自分(たち)が面白いことと思えることやっていきます。それが誰かの人生を豊かにできるそれになれたら、こんな嬉しいことありません。

これからもよろしくお願いします◎

2017年11月3日

0165 夢を見すぎた間抜けなエンジェル

日々いろんなことがあって、なにがしかアウトしたいなってすごく思うんですけど、いざパソコンの前に立ってみると書けないのがブログだ。

音楽のこと書こうかな。9月はなにかと充実してたので。

遠藤コータ君に誘われてDr.psychedelic poodleのライブにサポートとしてベース弾かせてもらいました。久々にアンプ直でガツンと弾くことができて良かった。僕と同じくサポートとしてドラム叩いてたChamarelApesのユウト君がすごく良いドラマーだった。もっといろんなイベント出ていってくれたらと思う。

yodareでもライブした。Burroughsというグレイトなバンドにお呼ばれされて、嬉しかった。なんかよく分かんねえけど良かったんじゃねえかなって演奏ができた。楽しんでもらえたのなら幸いです。当日頂いたお褒めの言葉は素直に受け止めてる。はじめてご一緒したバンドだと、米沢のsmokin' planet、すごく良かった。会場だった音屋スタジオ、ビルの7Fにあるけど最高にアンダーグラウンドなハコだった。またあそこでやりたいです。

やっぱりライブは楽しい。好きです。ライブの一つ一つが音楽続ける大きなモチベーションになってます。ここにきて、もっとやれることあんだろみたいな欲張りなモード入ってきたので(元々充分欲張り)、もっとやりたいですね。まだ見ぬもの一杯あると思うから、やらんとね。

0164 スパイス・ア・ゴーゴー

月イチブログ、8月分滑り込みセーフ。毎日いろんなことがあります。

今年に入ってから料理を作るようになり、作ったものをインスタグラムに「#タクロウ飯」のハッシュタグとともに投稿しています。あんまりコメントとかつかない割にはライブハウスとかバーベキューとか人の集まるところでそのハッシュタグの安易さと料理の具合を言われます。ツイッターもそうだけど意外とみんなSNS見てんのな。

その中でもスパイス料理作りにはとりわけ夢中になっています。そのきっかけになったのが泉パークタウンの住宅地ど真ん中にある「あちゃーる」というインド・ネパール料理のお店の料理でした。食べててスパイスのとてつもなく深遠な世界にのめり込んだような感覚にも陥るけど、結局のところは美味しいものを作るための工夫を適材適所やってるだけの話でもあり。特に野菜好きな方にはオススメ。ちと値は張るし、人を選ぶ部分はあるかもしれないけど、外食の店であんなにおなかいっぱい野菜を美味しく喰らえる店はなかなかないと思います。あと、店のブログのタイトルが「One Nation Under A Curry」ってのがヤバい。

そんな店の影響でスパイスを調合するところからのカレー作りに完全にのめりこんだわけです。いまはお腹すいたときにご飯(orビール)と一緒にガツっと食べられるレシピを編み出そうとしています。そんななかの成功例をご紹介します。来月から出張クッキングを仰せつかっているので、カタログ代わりにでもなるように。

https://www.instagram.com/p/BXvM-heAuMq/

1.チキンカレー(辛さ:中辛)
イチオシはこれ。りんごとか果物をいっぱいすりおろすし、食べる前日からスパイスに鶏肉漬け込んだりもする。「リアルバーモントカレー」とか作ったときは名付けてたけどハチミツ全然入れてなかったからただのチキンカレーってことにします。玉ねぎをしっかり炒めると生のときのような辛さは失せて飴色になっていく、その過程が楽しいので鍋見ながらニヤニヤしてしまう僕はけっこう病気なのかもしれない。一口食べて「ああこれ来たわ」と思ったやつです。

https://www.instagram.com/p/BP1tsJojc4_/

2.バターチキンカレー(辛さ:甘口)
すっごく簡単。30分くらいでスパイスから作れるから無印で買わなくても良いと思う。一番作りなれている。4つくらいしかスパイス使ってない(ホールスパイスもなし。試してみたいとは思ってる)ので、異国の料理感はあんまなく、食べやすいと思います。料理本のレシピを読みながら作った時は砂糖も入れてたんだけど、さすがにそれでは自分には甘すぎたのでそこはいろいろ変えています。辛くしたこと今までない(要は赤唐辛子そんな入れてない)けど、注文があれば試してみたい。

https://www.instagram.com/p/BS4jqzWjqnQ/

3.タンドリーチキン(辛さ:ちょい辛)
マックで腹いっぱいフライドポテトを食べたいと思っていた小学生時代。インド料理屋で腹いっぱいタンドリーチキン喰いたいと思っていた社会人なりたて時代。自分で作っちまおう。スパイスとフライパン(俺流はオーブンでなくても大丈夫)と一日前から肉をヨーグルトとスパイスで漬けて寝かせとく時間的余裕があれば誰でも簡単に作れます。酒呑みの方にはこれがイチオシ。

https://www.instagram.com/p/BW43wX6A3Nj/

4.エスニックキーマカレー(辛さ:中辛)
「オクシモロン」という鎌倉の喫茶店にある「エスニックそぼろカリー」の見た目が良かったので、どんな味かを想像で作った意欲作。小ねぎ・三つ葉・しそ・パクチーを細かくきざんだのと、ミートソース+アジアっぽい味付けみたいな感じにしたキーマと黄身・ごはんを混ぜまくって食べる。薬味投入はセルフサービス。パクチー、なんでこんな匂いするもん食べてるんだろって喰ってるときは思うけど、しばらくするとまた食べたくなる。

と、この4つが目下のレギュラーメニュー(というかレシピとして記録しているもの)になります。前にも書いたけど、友達(と僕が思えるひと)限定で、頼まれたら出張クッキング承っております。リクエストがあれば各カレー辛さマシとかは行けると思います。が、試したことはないのでその出来具合は保証できません。カレーじゃないものでもOKです、昔ソンソン弁当箱のカジカ君のとこで鍋作ったのは良い思い出。ご希望の方はラインなりツイッターなりでお気軽にどうぞ~

0163 かぼちゃ畑でつかまえて

Alright / Supergrass

Tsutsujistockでこの曲はほぼ毎回転換のBGMに使ってる。使用頻度同率首位でBlack LipsのBad Kids。

先週土曜日はありがとうございました。ツツジストック11無事終了しました。

クドウヒロオさんのソロプロジェクトであるスモールワンにバンドの一員として出ることができました。いろいろ言いたいこと他にもあるけど今回はこのことを。

はじめてヒロオさんと知り合ったのは、ヒロオさんがアニーガールやってた時に対バンかなにかをしたときなんだけど、当時の僕は相当に不遜で、なめられたくないからって先輩にナマイキ言いたくなっちゃうタイプの人間だったので、アニーガールってベースレスでやってたから「ベースいないなら俺入れてくださいよぉ」なんて言っちゃってた記憶ある。「そんなこと言うなよ!俺だって頑張ってるんだよ!!」ってな具合に笑いが入る感じで返してくれてたけど、内心どうだったんだろうかと今でも思う。ヒロオさん覚えてるかわかんないけどね。

そこから縁あって、ものすごくお世話になってる先輩です。特に僕がマイ国家ってバンドやってたときは音源録るときは本当に親身になってやってくれたし、バンドのこと物凄い褒めまくってくださって、自信になりました。

ヒロオさん、Soundcloudとかで1ヶ月毎日曲をアップする時期が何度か続いて、どうした何を生き急いでいるんだって本気で体調等心配した時期もあったけど、そういった旨の話をしたときに、「曲を作っているときが一番生きている実感が湧く」と言ってくれて、ホッとするわけは当然なく、この人は音楽に呪われている…って心底思った…呪いという言葉がふさわしいか分からないけどね、少なくとも音楽がなければどうなってしまうんだろうと思う人なんだなって思った。たぶんあの毎日アップするやつ、またやるんだろうな。

ライブは、自分の立場はサポートって扱いにはなるけど、ライブ出てしまったらもう人前では関係ないので、いちバンドのメンバーのようにガッツリ演奏しました。いわゆるシンガーソングライターのバックバンド的なの、俺にはできないしあんまりやりたいとも思わないし、そういうところは分かってくれて呼んでもらってるのかなとも思っていたので、好き勝手やらせてもらいました。良い曲を気持ちこめて演奏させてもらいました。良い曲だからこそやれる演奏が出来たと思っています。

田中君や伝七君ともやれてよかった。良いギター弾くし、印象的なドラム叩ける二人だ。そんな人たちと顔を合わせてライブに向けたスタジオ練習に入るっていうのは、その度にかなり緊張するけど、痺れる環境に身を置いたほうがきっと楽しいこと多いな、求めてたのはコレだわとまで思った。

これからスモールワンと自分がどういうかかわりになるか分かんないけど、またライブで弾かせていただく機会があれば良いなと思うのでした。

0162 11回目のツツジストック

https://tsutsujistock.tumblr.com/post/161689421049/tsutsujistock-11によせて

tsutsujistock.tumblr.com

これを書いたからお客さんたくさん来るとは思わないけど、気持ちは見せたいと思っていろいろ書きました。ぜひ読んでください。そして見に来てください。来れなくてもこんなヤツが仙台にいるんだって思ってもらえらそれでもうれしいです。