空中日記

Blowfly / yodare / Tsutsujistock / 日記というからには毎日書きたいけど、最近は毎月月末投稿です

0164 スパイス・ア・ゴーゴー

月イチブログ、8月分滑り込みセーフ。毎日いろんなことがあります。

今年に入ってから料理を作るようになり、作ったものをインスタグラムに「#タクロウ飯」のハッシュタグとともに投稿しています。あんまりコメントとかつかない割にはライブハウスとかバーベキューとか人の集まるところでそのハッシュタグの安易さと料理の具合を言われます。ツイッターもそうだけど意外とみんなSNS見てんのな。

その中でもスパイス料理作りにはとりわけ夢中になっています。そのきっかけになったのが泉パークタウンの住宅地ど真ん中にある「あちゃーる」というインド・ネパール料理のお店の料理でした。食べててスパイスのとてつもなく深遠な世界にのめり込んだような感覚にも陥るけど、結局のところは美味しいものを作るための工夫を適材適所やってるだけの話でもあり。特に野菜好きな方にはオススメ。ちと値は張るし、人を選ぶ部分はあるかもしれないけど、外食の店であんなにおなかいっぱい野菜を美味しく喰らえる店はなかなかないと思います。あと、店のブログのタイトルが「One Nation Under A Curry」ってのがヤバい。

そんな店の影響でスパイスを調合するところからのカレー作りに完全にのめりこんだわけです。いまはお腹すいたときにご飯(orビール)と一緒にガツっと食べられるレシピを編み出そうとしています。そんななかの成功例をご紹介します。来月から出張クッキングを仰せつかっているので、カタログ代わりにでもなるように。

https://www.instagram.com/p/BXvM-heAuMq/

1.チキンカレー(辛さ:中辛)
イチオシはこれ。りんごとか果物をいっぱいすりおろすし、食べる前日からスパイスに鶏肉漬け込んだりもする。「リアルバーモントカレー」とか作ったときは名付けてたけどハチミツ全然入れてなかったからただのチキンカレーってことにします。玉ねぎをしっかり炒めると生のときのような辛さは失せて飴色になっていく、その過程が楽しいので鍋見ながらニヤニヤしてしまう僕はけっこう病気なのかもしれない。一口食べて「ああこれ来たわ」と思ったやつです。

https://www.instagram.com/p/BP1tsJojc4_/

2.バターチキンカレー(辛さ:甘口)
すっごく簡単。30分くらいでスパイスから作れるから無印で買わなくても良いと思う。一番作りなれている。4つくらいしかスパイス使ってない(ホールスパイスもなし。試してみたいとは思ってる)ので、異国の料理感はあんまなく、食べやすいと思います。料理本のレシピを読みながら作った時は砂糖も入れてたんだけど、さすがにそれでは自分には甘すぎたのでそこはいろいろ変えています。辛くしたこと今までない(要は赤唐辛子そんな入れてない)けど、注文があれば試してみたい。

https://www.instagram.com/p/BS4jqzWjqnQ/

3.タンドリーチキン(辛さ:ちょい辛)
マックで腹いっぱいフライドポテトを食べたいと思っていた小学生時代。インド料理屋で腹いっぱいタンドリーチキン喰いたいと思っていた社会人なりたて時代。自分で作っちまおう。スパイスとフライパン(俺流はオーブンでなくても大丈夫)と一日前から肉をヨーグルトとスパイスで漬けて寝かせとく時間的余裕があれば誰でも簡単に作れます。酒呑みの方にはこれがイチオシ。

https://www.instagram.com/p/BW43wX6A3Nj/

4.エスニックキーマカレー(辛さ:中辛)
「オクシモロン」という鎌倉の喫茶店にある「エスニックそぼろカリー」の見た目が良かったので、どんな味かを想像で作った意欲作。小ねぎ・三つ葉・しそ・パクチーを細かくきざんだのと、ミートソース+アジアっぽい味付けみたいな感じにしたキーマと黄身・ごはんを混ぜまくって食べる。薬味投入はセルフサービス。パクチー、なんでこんな匂いするもん食べてるんだろって喰ってるときは思うけど、しばらくするとまた食べたくなる。

と、この4つが目下のレギュラーメニュー(というかレシピとして記録しているもの)になります。前にも書いたけど、友達(と僕が思えるひと)限定で、頼まれたら出張クッキング承っております。リクエストがあれば各カレー辛さマシとかは行けると思います。が、試したことはないのでその出来具合は保証できません。カレーじゃないものでもOKです、昔ソンソン弁当箱のカジカ君のとこで鍋作ったのは良い思い出。ご希望の方はラインなりツイッターなりでお気軽にどうぞ~